大津市、園児ら散歩コースの安全対策費を補正計上へ

 大津市の越直美市長は13日、同市の交差点で車2台が衝突し保育園児2人が死亡した事故を受け、今年度中にも園児らの散歩コースとなる市道にガードレールを設けるなどの方針を示した。9月にも補正予算に必要な経費を計上する。休園していた「レイモンド淡海(おうみ)保育園」は同日、通常保育を再開し、園児が登園した。

 市は同日、事故を受けた各部局の対応状況を確認する対策会議を開催。越市長は「子供たちの命を救うために、できることを迅速に進めていく」と話し、市が所管する保育園や認定こども園など153施設について、7月中をめどに散歩コースの安全性を点検する方針を示した。また今年度中には、コースに該当する市道にガードレールを設置するなどの安全対策を終え、通学路と同等の安全性を確保する。

 越市長は16日に東京都の自民党本部で開かれる「交通安全対策特別委員会・内閣第一部会・国土交通部会合同会議」に出席し、安全対策への予算措置に加え、小学校付近の通学路などに設定される交通安全対策重点地域「スクールゾーン」に相当するような地域を、保育園などの周辺に設定することを要望する予定だ。

 一方、レイモンド淡海保育園では、13日午前10時までに園児48人が保護者に手を引かれたり、車で送られたりして登園した。同園を運営する社会福祉法人檸檬(れもん)会=和歌山県紀の川市=によると、保護者からは「無理しないで」などと職員を気遣う声や、「一緒に頑張っていこう」といった励ましの声があったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ