大津事故 「胸張り裂けるほどの深い悲しみ」遺族がコメント

 事故に巻き込まれて亡くなった大津市の保育園児、原田優衣ちゃんと伊藤雅宮ちゃんの遺族が9日、滋賀県警を通して直筆のコメントを出した。

 優衣ちゃんの父親、学さんは「家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした」と心境を吐露。「今自宅で、話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつ毎に家族としても胸が張り裂けるほどの深い悲しみに包まれております」などとコメントした。

 また、通っていたレイモンド淡海保育園に対しては「短い期間ではありましたが、娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事に囚われることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます」との思いを示した。

 雅宮ちゃんの遺族は、家族一同として「私たちはこの度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています」などとつづった。

 両遺族とも、こうした心情に配慮して自宅周辺や葬儀場での取材や撮影をしないよう報道機関に求めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ