ネット上に思いやりの声「#保育士さんありがとう」 大津園児死傷事故

 大津市大萱の県道交差点で車同士が衝突し、うち1台が散歩中の保育園児らの列に突っ込み、園児2人が死亡、1人が重体、13人が重軽傷を負った事故。一夜明けた8日、Twitterでは「#保育士さんありがとう」というハッシュタグをつけながら、保育士を気遣う投稿があふれている。

 ツイッターでは「#保育士さんありがとう」がトレンド入り。同日午後3時半の段階で35000以上の投稿が寄せられている。このワードとともに「この春から小学生になった長男が事故にあうことなく通学路を歩けているのは、保育園でのお散歩の時間に保育士さんたちが何度も何度も繰り返し交通ルールを教えて下さったおかげだと思っています」「素敵なタグ広がれ…我が家の三人息子はぶっちゃけ保育士さんに育ててもらったと言っても過言じゃない。トイレトレーニングも全部お世話になった。大学高校小学生の彼らは未だに笑顔で保育園の先生の話する」など、保育士を思いやる投稿がSNS上で増えつづけている。

 また事故が起きた場所で以前に撮影したと見られるグーグル・ストリートビューの画像もネット上で大きな話題となっている。画像には7~8人の園児らしい幼児と3人の大人の女性が写りこんでおり、彼女たちは車道から一番離れた奥のフェンス側にいる。写っている幼児と女性が事故にあったレイモンド淡海保育園の園児と保育士であるかどうかは不明だが、大人たちはなるべく車道から園児を離し、さらに子供たちを守るように立っている。

 ツイッターには「同じ保育園か分からないけど、事故現場と同じ場所のストリートビューでは車道から一番離れた場所で保育士さんたちが子供たちを囲むように一生懸命守りながら信号待ちをしている姿を目にして、きっと事故の時も同じようにしていたんだと思います」「ストリートビューの画像も見ました。言葉が見つかりません。まさに、#保育士さんありがとう と思うばかりです」「このストリートビュー見てたら目頭が熱くなってきた」「大津の保育園、グーグルマップのストリートビューが、何気に良い仕事をしてくれてる 保育士さん達の日頃に落ち度がないことを証明してくれた 愛情あふれる引率の様子がしっかり伝わってくる」などのコメントも寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ