大津園児死傷事故 大津署がドライブレコーダーを解析

 大津市大萱(おおがや)の県道交差点で車同士が衝突し、うち1台が散歩中の保育園児らの列に突っ込み、園児2人が死亡、1人が重体、13人が重軽傷を負った事故で、滋賀県警大津署が事故車両に搭載されていたドライブレコーダーの映像解析を進めていることが9日、同署への取材で分かった。双方の車のスピードや当時の状況など、事故の詳しい状況を解明していく方針という。

 レコーダーは、衝突の弾みで園児の列に突っ込んだ同市若葉台の無職、下山真(みちこ)子さん(62)の軽乗用車のみに搭載。下山さんは直進中、右折しようとしていた同市一里山の無職、新立(しんたて)文子容疑者(52)=自動車運転処罰法違反(過失傷害)で現行犯逮捕=の乗用車と衝突。「右折しようとしてきた車をよける際にハンドルを左に切った」と説明したという。同署によると、現場ではブレーキ痕が確認された。

 また、新立容疑者は、「(交差点を右折した際)前をよく見ていなかった」との趣旨の説明をしていることも判明。同署は新立容疑者が対向車への注意を怠ったことが事故につながった可能性が高いとみて調べている。

 事故では、保育園児の伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と原田優衣ちゃん(2)が死亡。別の男児1人も意識不明の重体で、ほかにも園児8人が足の骨を折るなど大けがをし、女児2人と付き添いの保育士3人が軽傷を負った。園児らは当時、現場から約200メートル離れた園から琵琶湖畔に向かって散歩していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ