夫を包丁で刺す 24歳妻を逮捕 千葉・四街道

 同居する夫を包丁で刺したとして、四街道署は1日、殺人未遂の疑いで、千葉県四街道市四街道の自称会社員、大須賀梨芳(りか)容疑者(24)を逮捕した。調べに対し、「もみ合っている中で刺さってしまった」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は1日午前2時半ごろ、自宅で会社員の夫(24)の腕や右足などを包丁で刺したとしている。夫は重傷だが、命に別条はない。

 同署によると、刺された夫は手当てを受けるため病院に駆け込み、病院が110番通報。署員が病院に駆けつけると、遅れて大須賀容疑者も病院に来たため、署に任意同行を求めたという。同署で犯行の詳しい経緯を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ