被災地で水没車両引き揚げ 防潮堤工事で発見、宮城

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市三ノ浜に建設中の防潮堤付近で水没車両が見つかり、気仙沼署などが24日、2台を引き揚げた。震災で被災したとみられる。

 同署によると3月、工事業者が実施した海底調査の際に、乗用車とワゴン車計2台が見つかった。この日はダイバーが潜り、車体にワイヤを巻き付けた上で、クレーンで引っ張り上げた。

 同署員らは引き揚げられた車の中に詰まった泥をスコップでかき出した。ワゴン車の車内から靴やバッグなどが見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ