神戸市バス暴走、事故前後に急加速 アクセル誤操作か

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅北側で21日午後、横断歩道の歩行者に神戸市営バスが突っ込み男女2人が死亡、6人が重軽傷を負った事故で、バスが横断歩道で歩行者をはねた際に急加速していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警は解析した車内カメラ映像などから、運転手が前方不注意に加え、ブレーキと間違えアクセルを踏み込んだ疑いもあるとみて捜査している。

 事故は21日午後2時ごろ、同駅北側の横断歩道で発生。手前の停留所を出たバスが赤信号を無視し、横断中の歩行者に突っ込んだ。

 捜査関係者によると、バスにはドライブレコーダーが設置され、車内カメラ3台のうち1台が運転手の姿を撮影していた。映像には、停留所からバスを微速で発車させた運転手は停止線でブレーキを操作せず、そのまま歩行者のいる横断歩道に進入。車外から悲鳴が聞こえた前後にアクセルを踏んで急加速し、時速15キロ前後で人を巻き込みながら二十数メートル先の阪急電鉄の高架に衝突するまでの様子が写っていたという。

 県警は23日午前、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、事故を起こした市交通局のバス運転手、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を送検。勤務先の営業所を家宅捜索した。

 事故で亡くなった私立大3年、柳井梨緒(やない・りお)さん(20)=兵庫県明石市=の遺族は同日、代理人を通じ「私たちは、まだ娘を失ったという現実を受け入れられないでいます。事件のことや加害者のことなどについてもまだ何も考えることができる状態ではありません。今はそっと見守って頂きたいと思います」とするコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ