海老名の暴走族「バッドロブスター」逮捕でネットが大喜利状態!? 「何か惜しいw」

 ミニバイクで信号無視などの暴走行為を繰り返したとして、神奈川県海老名市に住む高校3年生の男子生徒(17)ら少年5人が神奈川県警交通捜査課に道路交通法違反(共同危険行為)容疑で逮捕された。5人は「バッドロブスター」と称する暴走族を結成し、暴走行為を繰り返していたというが、ネットではこのネーミングセンスが話題に。一時「バッドロブスター」がリアルタイム検索の上位に食い込む事態となった。

 ツイッターでは「海老だからロブスターなんだな」「うそだろ?」「名前カッコ悪すぎだろ」「ロゴとかめっちゃ気になるし」「トンチが効いてる、いやむしろトンチしか効いてない」「バッドロブスター更生してグッドロブスターっていうボランティア団体に生まれかわんねーかな」「海老名市の珍走団、そっかw 海老は、えっと、シュ、シュリン…、プ、だなぁ 頑張ったけど、何か惜しいw」などと総ツッコミ状態。

 さらには「Bad Lobsterって書くと中堅メタルバンドっぽくなるなぁ。ラウドパークで来日しそう」「『バッドロブスター』って凄く良い感じのやられ役チーム名っぽい」「バッドロブスターvs鯉ヘルペス」「海老名のバッドロブスター電車内で見て口元を手で隠した」「悪と呼ばれようと海老の名を守る-俺たちは、『バッドロブスター』だ」など、この名前をネタにした大喜利のような投稿も数多く見られ、大盛り上がりとなった。

 5人の逮捕容疑は昨年8月31日午前1時10分ごろ、同市大谷の県警海老名署付近を起点に蛇行運転や信号無視などを繰り返す暴走行為を行ったとしている。5人は犯行当時16~19歳で、事件直前にバッドロブスターを結成し、パトカーを含む警察車両に付きまとうなどの暴走行為を繰り返していた。取り調べに対して容疑を認め、全員が「暇つぶしに警察をからかってやろうと思った」などと供述し、反省の弁はないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ