人気アニメなど違法公開の疑いで男逮捕 被害18億円か

 人気アニメの動画をインターネット上に違法に公開したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は15日、著作権法違反の疑いで、韓国籍で三重県四日市市の会社員、李駿衡(イ・ジュンヒョン)容疑者(29)を逮捕した。同課によると、李容疑者は「私が編集した動画をみんなに見てほしくてアップロードした」と供述している。

 同課は、李容疑者が少なくとも昨年9月以降、アニメやドラマ計178作品を公開し、延べ7万回以上ダウンロードされたことを確認。作品が全て正規に販売された場合の著作権者側の被害額は約18億円に上るという。

 逮捕容疑は昨年9月5日、人気アニメ「ワールドトリガー」の動画を、許可なくファイル共有ソフト「ビットトレント」を使ってインターネット上に公開し、ダウンロードできる状態にしたとしている。

 同課によると、李容疑者はファイル共有の専用サイトに、動画のタイトルなどの情報を公開。ユーザーがアクセスすると、ビットトレントを介して動画ファイルを共有していたという。 同課の捜査員が昨年7月、サイバーパトロールでアニメが多数公開されているのを発見した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ