元夫をハンマーで殴り熱湯かけ殺害 容疑で55歳女を逮捕

 元夫をハンマーで殴り、熱湯をかけるなどして殺害したとして、警視庁三鷹署は殺人容疑で、東京都三鷹市新川の無職、秋山朝子容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、「床の上で寝ていた元夫に『ベッドで寝なさい』と声をかけたが、起きなかったので腹が立ち、ハンマーで殴ったり、給湯器のお湯をかけたりした」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は14日午前、自宅アパートの一室で、元夫の均さん(60)の頭をハンマーで殴打し、身体に熱湯をかけて殺害したとしている。

 同日正午ごろ、秋山容疑者が、「元夫が倒れたまま起きない」などと自ら119番通報した。均さんは室内で頭などから血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。三鷹署員が現場にいた秋山容疑者を署に任意同行し、事情を聴いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ