会員からは「小(S)中(C)高(K)校生倶楽部」…少女たちの心に入り込んだ男の手口

【衝撃事件の核心】

 SNSで知り合った少女にわいせつな行為をし、その様子を動画撮影して販売したとして大阪府警が児童ポルノ愛好者グループを摘発した。主犯格の男(41)は、小中学生が好む着せ替えアプリやチャットアプリを駆使し、自身を10~20代の男性と偽って相談に乗るなどして少女を誘い出していた。府警は、小学6年~高校2年の少女12人を保護したが、警察が接触するまで少女は誰にも被害を打ち明けずにいたという。少女の心に入り込んだ男の手口とは-。

 ■20代装い、LINE

 静岡県に住む小学6年の女児=当時(12)=の着せ替えアプリのアカウントに、「20代」という男が接触してきたのは平成29年7月。アプリ内でアニメなど趣味の話をするようになり、男は「(やりとりを、無料通話アプリ)LINEにかえよう」と提案してきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ