長野の中アで遭難相次ぐ 3人死亡、登山道が凍結

 長野県の中央アルプスで9日から10日にかけて、登山中の遭難事故が相次ぎ、計3人が死亡した。県警はいずれも、登山道の凍結が多発していることなどが原因とみて調べている。

 県警木曽署によると、宝剣岳(2931メートル)では9日午前、3人パーティーで登山していた大阪府茨木市の会社員、小谷部(おやべ)明さん(47)が滑落。10日午後1時ごろに県警ヘリコプターで救助されたが、死亡が確認された。

 仙涯嶺(せんがいれい=2734メートル)でも10日午前、5人パーティーで行動していた長野県安曇野市、無職、西田由香里さん(44)が滑落、死亡した。

 宝剣岳では2人パーティーで入山した女性も10日午後に滑落。山梨県警のヘリで救助され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。長野県警が身元を調べている。

 長野県警は、初心者は入山を控え、登る場合は安全確保を必ず行うよう注意喚起している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ