児相、小4女児に確認せず自宅戻す 「暴力は嘘」父に書かされ

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、父の勇一郎容疑者(41)が心愛さんに書かせた「お父さんに叩かれたのは嘘」などとする書面を柏児童相談所に提示していたことが5日、分かった。児相が会見で明らかにした。児相はその書面の内容を本人に確認しないまま、心愛さんを自宅に戻す決定をしていたという。

 心愛さんは29年11月、学校アンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と記入し、児相が一時保護を開始。あざを確認するなどしたが、勇一郎容疑者は虐待を否定し、児童は12月27日、親類宅での生活を条件に一時保護を解除した。

 その後、心愛さんを自宅に戻すかどうかの判断のため、児相は30年2月26日に親類宅で勇一郎容疑者と面会。勇一郎容疑者は「連れて帰る」と迫り、心愛さんが書いたとする書面を提示したという。

 書面には、暴行の否定のほか「児童相談所の人にはもう会いたくないので来ないでください」「(両親と妹の)4人で暮らしたいと思っていました」と書かれてあったという。

 児相は、心愛さんに書面の内容などを確認しないまま28日に自宅に戻す決定をしていた。

 書面は、心愛さんが勇一郎容疑者が不在の時、母のなぎさ容疑者(31)に会いに行った際、勇一郎容疑者からなぎさ容疑者のメールに「こういう手紙を書くように」指示が入り、そのまま書いたものだったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ