警察との連携「検証を」 小4女児死亡で文科相

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、柴山昌彦文部科学相は5日の閣議後記者会見で、市教育委員会と警察などの連携状況について「洗いざらい検証し、対応改善に全力で取り組んでほしい」と述べた。

 事件では、心愛さんが父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=からの暴力を訴えた学校アンケートの回答を、市教委が同容疑者に渡した。市教委は「威圧的な態度に恐怖を感じ、屈してしまった」と説明しており、警察などとの連携が不十分だったのではとの指摘が出ている。

 柴山氏は、心愛さんが通っていた小学校の児童を念頭に、市教委に「心のケアにも配慮してほしい」と求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ