ゴーン被告公判 14日に初協議 東京地裁 整理手続き視野

 自身の役員報酬を有価証券報告書に過少に記載したとして金融商品取引法違反罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)らの公判に向け、裁判官と検察側、弁護側による初の三者協議が14日に東京地裁で開かれることが1日、関係者への取材で分かった。裁判の争点を絞り込む公判前整理手続きの実施を視野に調整が行われる見通し。

 関係者によると、協議には裁判官と検察側のほか、ゴーン被告と、同罪で起訴された側近で前代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(62)=保釈、法人としての日産のそれぞれの弁護人が出席する予定。

 起訴内容に対する各被告の認否の確認が行われるほか、ゴーン被告については会社法違反(特別背任)罪でも起訴されており、罪名や認否に応じて公判を分離するかどうかなどが検討されるとみられる。金商法違反罪について、ゴーン、ケリー両被告側は起訴内容を否認、日産側は認めるもようだ。ゴーン被告側は会社法違反罪も否認する方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ