「けられて今もいたい」父の暴力告白 死亡小4女児のアンケート公開

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、市は1日、心愛さんが2017年11月、父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=からの暴力を訴え「先生、どうにかできませんか」とつづった学校アンケートの回答の写しを公開した。欄外には当時の担任が暴力の状況を聞き取り「けられて今もいたい」「なぐられる10回(こぶし)」などと書き込んでいた。

 アンケートは、いじめに関するもので転校前の同市立小で実施。欄外には担任の字で「口をふさいで」「ゆかにおしつける」や妹の面倒を見なかったら「せなか首をちからいっぱいける」とあった。「おきなわでは、お母さんがやられていた」との記載もあった。

 心愛さんは自由記述欄に「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか」と書いた。

 市教育委員会は約2カ月後の18年1月15日、勇一郎容疑者の要求に応じ、回答のコピーを渡した。欄外の書き込みは消したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ