「いじめ」回答、父に渡す 野田市教委、保護抗議受け

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、心愛さんが平成29年11月に「父からいじめを受けている」と回答した学校アンケートのコピーを、市教育委員会が父、勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡していたことが31日、市教委への取材で分かった。

 市教委などによると、心愛さんは当時通っていた別の市立小で実施されたアンケートの自由記述欄に「父からいじめを受けている」と記載。児相は29年11月7日、虐待の可能性が高いとして一時保護した。

 容疑者は一時保護解除後の30年1月12日、心愛さんの母(31)と共に学校を訪れ「訴訟を起こす」などと抗議。学校側が回答内容を口頭で伝えると「実物を見せろ」と要求した。学校側から相談を受けた市教委が同月15日、コピーを容疑者に手渡した。市教委は取材に「父の怒りを抑えるためだったが、配慮を著しく欠いていた。申し訳ない」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ