猛毒ヘビなど無許可飼育 容疑の男を逮捕 大阪

 毒ヘビやカミツキガメを許可なく飼育したとして、大阪府警生活環境課は30日、動物愛護法違反などの疑いで大阪府八尾市山本町の動物販売店店長、長谷川佳久(よしひさ)容疑者(33)を逮捕・送検したと発表した。

 同課によると、長谷川容疑者は動物販売店のほか、ヘビやカメを水槽に入れて展示する「爬虫(はちゅう)類バー」の店長も務めており、「爬虫類が好きで家で飼いたい欲求が抑えられなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕・送検容疑は昨年11月20日、自宅で毒ヘビ7匹とカミツキガメ1匹を無許可で飼育したとしている。金網でふたをした衣装ケースなどに入れ、自宅寝室に置いていた。販売や展示はしていなかったという。

 同課によると、飼育していた毒ヘビはかまれると、血清を打たなければ24時間以内に死に至る猛毒ヘビ「パフアダー」(全長約93センチ)や、5センチの牙を持つ「ガボンアダー」(同94センチ)など6種7匹。長谷川容疑者は「ヘビは海外から輸入し、カメは淀川で拾った」と説明している。

 毒ヘビの飼育には血清を用意し、都道府県知事などの許可を得る必要があるが、「パフアダー」などは血清の入手が困難で、国内では研究施設数カ所でしか飼育されていないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ