男性教諭が男児にわいせつ 愛知「複数に数年前から」

 愛知県立特別支援学校の30代の男性教諭が、別の小学校に通う男児の体を触るわいせつ行為をしていたことが30日、県教育委員会への取材で分かった。勤務先の学校の聞き取りに教諭は「数年前から複数の男児に対してやった」と認めているという。県教委は事実確認を進め、教諭の懲戒処分を検討する。

 県教委によると、教諭は昨年10月、複数の学校の児童や生徒が参加して行われたボランティア活動中に、男児の下半身を触った。主催した団体に男児の保護者から指摘があり発覚。団体が調べ、他にも被害を訴える男児がいることが分かった。

 教諭は昨年4月から特別支援学校の高等部で英語の授業を担当していた。現在は自宅謹慎中。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ