あおり運転死、被告に懲役16年判決 大阪地裁堺支部

 堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた同市南区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の判決公判が25日、大阪地裁堺支部で開かれ、安永武央(たけひろ)裁判長は懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 あおり運転による死亡事件が殺人罪で立件された異例の公判。検察側は「(自分を追い抜いた)被害者に怒りが収まらず、猛スピードで追いかけた」と運転の乱暴さを指摘。「追突が確実な状況を認識したのに回避を試みていない」などとして殺人罪が成立すると主張し、「まれに見る殺人運転」と懲役18年を求刑していた。

 一方、中村被告は「あえて追突したわけではない」と起訴内容を否認。弁護側も「(被害者に)追い抜かれた際に激情にかられておらず、追突前にブレーキをかけている」とし、殺人罪の成立を否定、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪の適用を求めた。

 論告などによると、中村被告は昨年7月2日、堺市南区の府道で、同市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、死なせるかもしれないと認識しながらバイクに接近し追突。頭蓋骨骨折などのけがをさせ、死亡させたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ