「生きていられない」別れ話で犯行決意か 埼玉女性刺殺事件

 さいたま市大宮区のビルで23日、埼玉県春日部市の会社員、金井貴美香さん(22)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された交際相手の前橋市職員、鳥山裕哉容疑者(25)が犯行の動機について「別れ話のもつれでやった」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、鳥山容疑者は「(金井さんなしでは)生きていられない」とも供述。県警は事件当日の23日、金井さんから別れ話を切り出され、鳥山容疑者が犯行を決意したとみている。

 また、犯行に用いられた凶器の包丁は鳥山容疑者が同日昼に職場を早退後、自宅から持ち出したことが判明。同日夕から金井さんの勤務先が入居するビル5階の通路で待ち伏せしていた。鳥山容疑者は「(金井さんを)待って刺した」と説明しており、県警は計画的な犯行とみて、詳しい経緯を調べている。

 司法解剖の結果、金井さんの死因は失血死だった。首や左胸の刺傷が致命傷になったという。県警は25日午前、容疑を殺人に切り替えて鳥山容疑者を送検した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ