あおり運転疑い運転手逮捕 国道で前の車に、愛知

 前を走っていた乗用車に約2キロにわたりあおり運転をしたとして、愛知県警西尾署は23日、暴行の疑いで同県知多市南粕谷、トラック運転手、新井貴晴容疑者(53)を逮捕した。同署によると、容疑の一部を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月15日午前11時20分ごろ、愛知県知立市から同県刈谷市にかけての国道23号を大型トラックで走行中、追い越し車線を走っていた男性(26)の車に数十回クラクションを鳴らし、極端に車間距離を詰めたり助手席側に幅寄せしたりして、交通の危険を生じさせた疑い。

 「前の車が遅かった。クラクションは鳴らしたが、幅寄せや故意に近づいた覚えはない」と供述。当時は、勤務中だったという。

 助手席にいた男性の妻が携帯電話で一部始終を撮影しており、男性が2日後に西尾署に相談した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ