夜間に特殊詐欺 横浜の男性が2千万円被害

 神奈川県警青葉署は18日、横浜市青葉区に住む80代の無職男性が特殊詐欺被害に遭い、現金2千万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、16日午後5時ごろ、男性宅に息子を装う男から「郵送した契約書類の不備にかかる料金を(郵便局で)払わなければならない」と嘘の電話があった。その後、郵便局員と息子の上司を装う男から「郵便局へは午後9時までに来てください」「今、青葉台に私の息子がいるので(代わりに郵便局に行かせるため)お金を取りに伺わせます」と続けざまに電話があり、同8時50分ごろ、自宅に現れた上司の息子を装ったスーツ姿の男に現金2千万円を手渡し、詐取されたという。

 同署の担当者は「日中ではなく、期限を設定したうえで夕方から夜間に電話をかけてくる例は珍しい。被害者は『あと4時間以内にお金を払わなければならない』と思ってしまったようだ」と分析し、注意を呼びかけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ