あおり運転殺人、被告に懲役18年求刑 大阪地裁堺支部

 堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後に追突し、バイクの男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた同市南区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、大阪地裁堺支部=安永武央(たけひろ)裁判長=で開かれた。検察側は「追突の危険を認識しながら、あえて追突した」などとして懲役18年を求刑した。

 検察側は論告で「(自分を追い抜いた)被害者に怒りが収まらず、猛スピードで追いかけた」と指摘。「追突が確実な状況を認識したのに、回避を試みていない」とした。

 求刑に先立ち、死亡した堺市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=の遺族が意見陳述。母親(45)は「拓海は優しく、きょうだい思いだった」とし、「拓海と、拓海の人生を返してください。被告は私たちの苦しみを全く分かっていない」などと涙ながらに訴えた。妹(21)も「よき相談相手で頼りになる兄だった。兄のいない生活は受け入れられない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ