埼玉新都市交通運休続く 16日にパンクで脱線

 16日にゴムタイヤがパンクして脱線し、全線運休していた埼玉新都市交通(ニューシャトル、埼玉県伊奈町)は、17日も復旧作業のため始発から運転を見合わせた。事故以降の影響人員は、同日午前10時半時点で約4万人。午後2時以降の再開を見込む。

 国土交通省や同社によると、ニューシャトルはコンクリートの走行路をゴムタイヤの電車が走る仕組み。16日午前11時すぎ、さいたま市の加茂宮-鉄道博物館間を走行中の上り電車が緊急停止した。6両編成の最後尾車両のタイヤがパンクして走行路から外れていた。

 運輸安全委員会の鉄道事故調査官は16日に続き原因を調べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ