「はい、終わりー」は自分へ…あおり運転死で被告

 堺市で昨年7月、乗用車で前方のバイクにあおり運転をしたうえ、追突して男性を死亡させたとして殺人罪に問われた中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の第2回公判が16日、大阪地裁堺支部(安永武央(たけひろ)裁判長)で開かれた。被告人質問があり、中村被告は、事故直後のドライブレコーダーに残された「はい、終わりー」という音声について「今後仕事ができなくなることに落胆した」と述べ、自分について言った言葉だと釈明した。

 被告人質問は弁護側から始まり、中村被告は、事故前に立ち飲み店で生ビールを2杯飲んだと説明した。

 運転の状況では、バイクに追い抜かれた後に前照灯をハイビームにし、クラクションを鳴らしたことについて「(バイクの運転に)危険を感じ、自分の存在を知らしめるためだった」と主張。その後加速して車線変更したのは「妻を迎えに行く時間に間に合わせるため」で、バイクを追うためではなかったと反論した。

 一方で検察側は、バイクに追突するまで時間があったのに、軽くしかブレーキを踏んでいないと追及。中村被告は「腕時計を見たり、考えごとをしたりしていた」と述べ、危険に気づかなかったとした。

 起訴状などによると、中村被告は昨年7月2日午後7時35分ごろ、堺市南区の府道で、同市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、死なせるかもしれないと認識しながらバイクに接近し、追突。頭蓋骨骨折などのけがをさせ、死亡させたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ