高齢夫婦宅に緊縛強盗、現金など奪い逃走 東京・渋谷

 11日午前2時半ごろ、東京都渋谷区初台の住宅に3人組の男が押し入り、住人の男性(93)と妻(86)の体を縛った上で、現金数千万円や宝飾品などを奪って逃走した。警視庁代々木署によると、男性が顔を殴られるなどして病院に搬送されたが、軽傷とみられる。同署は強盗致傷容疑で3人の行方を追っている。

 同署によると、男性が物音に気付いて玄関のドアを開けたところ、押し入られたという。3人はいずれも覆面をつけ、日本語を話していた。男性と妻は口を粘着テープでふさがれて体を縛られるなどしたが、約3時間後に自力で逃げ出し、近所の住人を通じて110番通報。男性宅の固定電話は壊されていた。

 事件の2日前、男性宅に息子を名乗る男から振り込め詐欺の疑いがある電話があったといい、同署は男らが資産などの状況を電話で探った上で押し入った可能性もあるとみて、関連を調べている。

 現場は京王新線初台駅から約300メートル南の住宅街。近所の女性は「このあたりの路地には住民以外の車は入れず、夜になると人通りも少ない。怖くてしようがない」と表情をこわばらせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ