ゴーン事件のポイント「スタンドバイ信用状」 損失なら全額弁済リスク

 ゴーン容疑者側によると、ジュファリ氏が担保にした約30億円は手つかずだったという。だが、花木准教授は「仮に新生銀行が『30億円損失が生じたので支払え』と言えば、詳細な事実関係の確認なく、ただちに取引先銀行はジュファリ氏の担保で全額を弁済しなければならないのが国際ルール。ジュファリ氏は極めて高いリスクを負った」と指摘する。

 東京地検特捜部は、ゴーン容疑者の指示で日産の子会社からジュファリ氏側に支出された約16億円の一部は、ジュファリ氏が負った高いリスクへの謝礼で、特別背任容疑の動機の一つとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ