JR和歌山駅の商業ビルで異臭騒ぎ 10人搬送

 9日午後1時40分ごろ、和歌山市美園町のJR和歌山駅に隣接する商業施設「和歌山ミオ」で、施設内にいた男性から「付近にせき込んでいる人がいる」と110番があった。地下1階にいた20~70代の男女計10人が病院に搬送されたほか、10代の女性1人が自力で病院に向かった。いずれも、のどの痛みや脱力感などを訴えたが命に別条はなく、快方に向かっているという。

 市消防局などによると、飲食店などが入る地下1階フロアにいた客らが「異臭がする」などと訴えた。消防や市の担当者が現場でガスや化学物質などの検知を実施したが異常はなく、異臭も確認されなかった。不審物も見つかっていない。和歌山県警は、現場付近の防犯カメラを解析するなどして原因を調べている。

 当時、現場周辺は買い物客やJRの乗降客らでにぎわっていた。通報を受けて駆けつけた救急隊員が、体調不良を訴えた人々の周囲をブルーシートで覆い、応急措置に追われるなど、一時騒然となった。

 昼食のために訪れていた同市内の女性(72)は「異臭はなかったが、のどがイガイガして息をすることができず、慌てて屋外へ逃げた」。地下1階の居酒屋の男性店員(64)は「従業員2人が急にのどの痛みを訴えるとともにせき込み出して、ただごとではないと思った。30年以上店をやっているが、こんな騒ぎは初めて」と不安そうに話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ