ゴーン容疑者の意見陳述終了 リーマンショック「想像できない最悪の事態」

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の勾留理由開示手続きで、ゴーン容疑者は、日産の子会社から知人側に約16億円を支出させたとされる容疑について「(日産の)関係部署の承認に基づき、相当の対価を支払った」と話した。

 また、私的な投資の契約者を日産に変更した理由にリーマン・ショックを挙げ「誰も想像しない最悪の事態だった」と述べた。

 ゴーン容疑者の意見陳述は午前11時20分ごろに終了した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ