原宿暴走の男「明治神宮狙った」浮かぶ計画性、強い殺意か

 東京・原宿の竹下通りで軽乗用車が暴走し、歩行者の男性8人がはねられ重軽傷を負った事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳、日下部(くさかべ)和博容疑者(21)の車に積まれていた高圧洗浄機に着火装置が取り付けられていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。捜査1課は灯油に着火させて噴霧し、不特定多数の殺傷を狙ったとみて捜査。いずれも事件数日前に購入したと説明しており、計画性と殺意が浮かぶが、計画が早期に破綻するなど犯行のずさんさも垣間見える。

 テープで固定

 捜査関係者によると、着火装置は高圧洗浄機の液体を噴霧するノズルの先端部分に、布製とみられる銀色のテープで何重にもまかれた状態で固定されていた。

 日下部容疑者は「明治神宮の人混みを狙った。高圧洗浄機で灯油をまき、火をつけようとした」などと供述。高圧洗浄機などに関しては事件数日前の昨年12月下旬ごろ、大阪府内の店舗やインターネットの通信販売サイトなどで調達したと説明しているといい、同課が裏付けを進めている。

 日下部容疑者は12月28日、当時生活していた大阪府寝屋川市にあるレンタカー店で軽乗用車を予約。30日に借りて31日早朝に大阪を出発した。同日昼過ぎには渋谷付近で高速を降り、明治神宮に向かったが、交通規制で接近を断念。明治神宮周辺を走行するなどしながら犯行の機会をうかがっていたとされる。

 その間、車の中で高圧洗浄機に灯油を入れようとしたが失敗し、「うまくいかず灯油をかぶってしまった」と供述。噴霧、着火する当初の計画から、車を暴走させる手口に変更したとみられ、実行場所に選ばれたのが明治神宮から近い竹下通りだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ