酒気帯び運転で男性はねる 会社員の男を容疑で逮捕 神奈川・横須賀

 酒気帯び状態で車を運転し歩行者をはねてけがをさせたとして、神奈川県警横須賀署は23日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で、横須賀市公郷町の会社員、宮原勇気容疑者(35)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前6時ごろ、同市三春町の路上で、酒気帯び状態で車を運転し歩いていた自称会社員の男性(19)=同市根岸町=をはね、けがを負わせたとしている。男性は命に別条はない。

 同署によると、宮原容疑者は22日午後6時ごろから約6時間にわたって飲酒していたと供述。事故当時は買い物目的で車を運転していたいう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ