東名あおり、懲役18年…控訴審ならどうなる? 専門家「やや強引な判決」

 裁判員の女性は報道陣の取材に応じ「被害者側の気持ちになることが多く、公平に判断するという点で悩んだ」と複雑な心境を吐露した。

 判決で裁判所が危険運転に当たると判断したのは、事故発生当時の停車状態ではなく、事故直前までの妨害運転だった。

 これについて弁護士の高橋裕樹氏は「そもそも萩山夫妻が死亡した直接の原因は、石橋被告の車が停車し、その場から動けなくなった状態で後続のトラックが衝突したことだ。しかし裁判所は、停止行為自体を危険運転ではないと判断しつつ、直前のあおり運転とその後の一連の行為を一くくりにして同罪を適用してしまった」と指摘した。

 「これでは類似の事件の裁判でも、『事故の直接の原因が何か』ということを脇に置いて、直前までにあおり運転があったのなら、同罪が適用できるようになってしまう。それはやや強引ではないか」と危惧する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ