東名あおり、懲役18年…控訴審ならどうなる? 専門家「やや強引な判決」

 あおり運転を社会問題化させた事件に1つの決着が付いた。東名高速道路での夫婦死亡事故の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪の適用を認め、石橋和歩被告(26)に懲役18年(求刑懲役23年)の判決を言い渡した。被害者側の処罰感情に配慮した判決といえるが、法曹関係者は「やや強引ではないか」と指摘する。弁護側が控訴した場合、量刑は変わるのか。

 「私たちの気持ちを考慮してくれた判決で良かったです」。死亡した萩山嘉久さん=当時(45)=と妻の友香さん=同(39)=の長女はこうコメントを出した。遺族をサポートする中江美則さん(55)も「(嘉久さんらも)ちょっとほっとしているのではないか」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ