東名あおり事故 裁判長見つめ、表情変えず 危険運転致死傷罪認定に石橋被告

 主文を伝えられると小さく体を揺すり、背中を丸めて着席した。あおり運転に端を発した東名高速道路の夫婦死亡事故で14日、懲役18年の判決を言い渡された石橋和歩被告(26)は裁判長を見つめたまま、表情を変えることはなかった。

 横浜地裁で最も広い101号法廷。石橋被告は初公判と同じ黒いジャージー姿に眼鏡をかけて出廷した。判決言い渡しのため、裁判長に呼ばれると右手にタオルを握り、ゆっくりと証言台の前に向かった。

 死亡した萩山嘉久さん=当時(45)=の母、文子さん(78)ら遺族は被害者参加制度で公判を見守り、この日も法廷で判決に耳を傾けた。

 悪質なあおり運転の末に、2人が亡くなった事故の判決への関心は高く、地裁前には41席分の傍聴券を求めて682人が並んだ。横浜市鶴見区の無職男性(67)は「世の中は厳罰を求める雰囲気だが、法律的にどんな判断になるのか興味がある」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ