靖国神社でぼや 中国籍の男女を建造物侵入容疑で逮捕 「南京事件」に抗議 警視庁

 12日午前7時ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社の神門付近で、紙のようなものが燃えるぼやがあった。火はすぐに消え、境内の建物などに被害はなく、けが人もいなかった。警視庁公安部は建造物侵入容疑でいずれも中国籍で自称公務員、郭紹傑容疑者(55)と、自称会社員の厳敏華容疑者(26)を逮捕した。

 公安部などによると、郭容疑者は神門近くの石畳で「南京事件」に抗議する内容の横断幕を掲げたり、段ボールに火を付けるなどし、その様子を厳容疑者が動画で撮影していたという。騒ぎに気づいた神社関係者が取り押さえた。

 2人は友人関係で香港在住とみられる。南京事件は13日で発生から81年となり、郭容疑者は調べに「(南京事件について)抗議するため火を放った」と供述している。

 香港メディアは、郭容疑者が尖閣諸島の中国領有権を主張する香港の団体「保釣行動委員会」のメンバーと伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ