高速道であおり運転、停車させた疑い 兵庫県警、28歳陸士長の男逮捕

 高速道路上であおり運転を繰り返し後方の車を停車させたなどとして、兵庫県警高速隊は10日、暴行と道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで、陸上自衛隊三軒屋駐屯地(岡山市)の陸士長、高橋琢也容疑者(28)=同市北区宿=を逮捕した。県警の調べに「道を譲ってもらえなかったので腹が立った」などと供述している。

 逮捕容疑は11月18日午後6時半ごろ、神戸市北区淡河町勝雄の山陽自動車道下り線の追い越し車線を乗用車で走行中、無職女性(54)の運転する車に後方からパッシングをしながら接近。前方に割り込む形で追い越し、約5分間にわたり蛇行や低速走行を繰り返した上で空き缶1個を路上に投げ捨て、女性の車を約20秒間停車させたとしている。

 県警によると、女性の同乗者が「あおり運転を受けている」と110番。県警は女性の車に取り付けられていたドライブレコーダーを解析し、高橋容疑者を割り出した。

 高速道路上のあおり運転をめぐっては昨年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、無理やり車を停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡する事故が発生。夫婦の車を停車させた男(26)が自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われ、10日に横浜地裁で開かれた公判で検察側は懲役23年を求刑している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ