東名あおり事故 石橋被告に懲役23年求刑 横浜地裁

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦がトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれ、検察側は懲役23年を求刑した。

 運転中の行為に対する処罰を前提とした危険運転致死傷罪が停車後の事故に適用されるかどうかが最大の争点だ。これまでの公判で検察側は「被害者に停車位置を注意されたことに腹を立て、文句を言う意思のもと、危険運転行為を行った」と指摘した上で、「危険運転と事故に因果関係があるといえる」と主張。予備的訴因として追加した監禁致死傷罪についても「成立する」と主張している。

 弁護側は危険運転致死傷罪が運転中の行為に対する処罰を前提としているとして「停車後の事故には適用できない」と訴えている。また、監禁致死傷罪についても石橋被告に監禁の認識があったか疑問として争う姿勢を示している。

 石橋被告はこれまでの被告人質問で、死亡した萩山嘉久(はぎやまよしひさ)さん=当時(45)=から駐車方法について「邪魔だ」と言われたことに「車を止めさせ、文句を言いたかった」と事件の動機について説明。道路上に萩山さんの車を止めさせた際、追突されると思わなかったかを尋ねられると「その時は思わなかったが、今は思います」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ