女性の盗撮写真1万枚を保存 懲戒免の奈良県職員

 奈良県は7日、県五條土木事務所の男性係長(49)=同県橿原市=が、マンション5階の自宅ベランダから盗撮したとして、県迷惑防止条例違反などの罪で略式起訴され、奈良簡裁から罰金70万円の略式命令を受けたと発表した。

 県は同日、この係長について、パソコン端末の操作に必要な機器を盗んで元部下の女性職員(39)になりすまし、県庁の業務用ネットワークに不正に侵入したとして懲戒免職処分にした。県の調査に「女性を困らせてやろうと思った」と話したという。

 奈良県警奈良署は10月7日、窃盗と不正アクセス禁止法違反容疑で係長を逮捕。その後の調べで、係長のパソコンから盗撮画像が見つかった。通行人の女性を盗撮したとみられる約1万点の写真もあったという。県などによると、係長は10年にわたってベランダから盗撮を繰り返していたとみられ、「好みの女性を見つけて撮影していた」と話しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ