大口病院事件、患者8人への罪で一括起訴

 横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月に起きた入院患者の連続点滴中毒死事件で、入院患者の男女3人を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された元看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)について、横浜地検は7日、患者3人の殺人と、5人分の点滴液に消毒液を混入した殺人予備の罪で起訴した。

 神奈川県警は今年7~8月、点滴液に消毒液を混入させて殺害したとして、28年9月18日に死亡した西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=に対する殺人容疑で久保木被告を逮捕。同20日に死亡の八巻信雄さん=同(88)=と同16日に死亡の興津(おきつ)朝江さん=同(78)=への殺人容疑で2度再逮捕した。

 また久保木被告は、11月にも、死亡した別の男性患者=同(89)=に対する殺人容疑と、6人分の点滴液に消毒液を混入したとする殺人予備容疑で追送検されたが、この男性患者に対する殺人と、1人分の殺人予備について横浜地検は不起訴処分とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ