「モー娘。」吉沢ひとみ被告、酒気帯びひき逃げ認める 「(間違い)ありません」

 酒を飲んで車を運転し、ひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた「モーニング娘。」の元メンバー、吉沢(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁(佐藤卓生裁判官)で開かれた。吉沢被告は起訴内容を認めた。

 吉沢被告はグレーのジャケットに膝丈のスカート姿で入廷。佐藤裁判官に「(起訴状の内容に)間違っているところはありますか」と問われ「ありません」と小さな声で答えた。法廷内ではうつむきがちで憔悴(しょうすい)した様子だった。

 起訴状などによると、吉沢被告は9月6日午前7時ごろ、東京都中野区東中野の路上で、酒気帯び状態で車を運転し、赤信号を無視して横断歩道に進入。自転車で横断中の女性と歩行者の男性をはねるなどして2人に5日から10日のけがを負わせた上、そのまま逃走したとしている。

 事故の約15分後に自ら110番通報し、現場に戻ってきた。呼気検査で基準値の約4倍に当たるアルコールが検出されたという。

 吉沢被告は、9月27日に保釈保証金300万円を納付して保釈され、28日に芸能界を引退することを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ