寝屋川中1男女殺害 山田被告に死刑求刑 検察側「残虐で悪質」

 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件で、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で開かれた。検察側は「被告が2人を殺害したのは明らか。子供が抵抗できない状態で犯行に及んでおり、残虐で悪質。更生の可能性もない」などとして死刑を求刑した。

 公判は午後、弁護側が最終弁論を、山田被告が最終意見陳述をして結審。判決は来月19日。

 検察側は論告で、星野さんの遺体に頸部(けいぶ)圧迫による窒息死の特徴があることを挙げ、「数分間首を絞め続けており、殺害の意思がなければできない」と殺意を主張。星野さんとの間で何らかのトラブルが生じたと推認できるとし、被告が殺害したと指摘した。

 平田さんにも頸部圧迫による窒息死の所見が認められることから、同様に殺意があったと強調。星野さん、平田さんの順番で殺害したとし、「(星野さん殺害の)口封じで平田さんを殺害した」と述べた。

 また、山田被告の精神鑑定を実施した医師の証言などから「完全責任能力があったのは明らか」とした。

 その上で犯行について「子供に声をかけ、立て続けに殺害した。生命を軽視する姿勢は際立っている。2人を殺害したという結果は重大で、口封じなどの動機にも酌むべき事情はない」と指弾した。

 これまでに何度も服役していることなどから、山田被告について「犯罪傾向は顕著で更生は困難」と主張。犯行後の状況は「凶器や2人の所持品を廃棄し、第三者の体液を遺体付近に放置した。証拠隠滅行為は悪質だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ