男性2人ひき逃げの疑いで自営業の53歳女を逮捕 群馬・桐生

 群馬県桐生市の市道で男性2人を車ではねてけがを負わせた上、逃走したとして、県警桐生署などは20日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市広沢町の自営業、小林記代子容疑者(53)を逮捕した。調べに対し、「道路を通ったのは間違いないが、はねてはいない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は18日午前0時35分ごろ、同市仲町の市道で乗用車を運転し、路上で倒れていた同市相生町のパート、上石精一さん(62)と、上石さんを救護していた同市のアルバイトの男性(31)をはね、上石さんに足の骨を折る重傷、男性にも軽傷を負わせ、そのまま逃走したとしている。

 防犯カメラの映像や目撃情報などから車種などを割り出し、小林容疑者が浮上した。

 同署によると、小林容疑者はいったん帰宅しようとして、経営している飲食店に忘れ物を取りに引き返す途中だったという。上石さんは酒を飲んでいたとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ