小池都知事、ゴーン容疑者との対談中止「いきなりの逮捕、驚いた」

 日産自動車代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことを受けて、東京都は20日、21日に都内で予定していた小池百合子知事とゴーン容疑者の対談を中止すると発表した。

 小池氏は20日、報道陣に「衝撃ですね。国際的な企業3つのトップを務めて超人的な働きを続けてこられた。いきなりの逮捕、驚いた」と述べた上で、「日本の自動車産業がしっかり進むよう願っている。日本経済全体にどういう影響を及ぼすのか、大きな話だ」と懸念を表明した。

 問題となっているゴーン容疑者の報酬については、「世界的自動車メーカーのトップはある意味、高額報酬は当たり前とされている。一方でフランス国内で高すぎると批判があったことを覚えている」と指摘した。

 小池氏は衆院議員時代、ルノーの社外取締役を務めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ