「他人のせいにしたかった」大阪・寝屋川の中1男女遺棄で被告

 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件で、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の第5回公判が14日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で開かれた。被告人質問が行われ、山田被告は、星野さんの遺体周辺に第三者の体液が付着したティッシュを置いた理由を「他人のせいにしたかった」と述べた。

 公判で弁護側は、星野さんは熱中症など体調不良で死亡したと訴えている。検察側が被告人質問で「体調不良で死亡したのなら、他人のせいにする必要があるのか」と尋ねると、山田被告は「疑われたくない気持ちだった」と述べた。

 この日は弁護側も被告人質問を行った。亡くなる前の星野さんの様子について山田被告は、車内に連れ込んだ後、疲れているような様子だったが、平田さんに「寝たら治る」と言われ、睡眠導入剤の錠剤を渡したと説明。その後、星野さんは大量の汗をかいて震えだし、ぐったりしたという。

 事件当日に2人を車に乗せた経緯は「家出かと思い、送ろうかと声をかけたら、『どこかに連れて行って』と言われた」と供述。その後「京都に行きたい」といわれたのを拒否すると「警察に言う」と言われたと述べた。さらに、平田さんが無料通信アプリ「ライン」で友人とやり取りをしていたので「(警察に)通報されていると思って怖くなった」といい、「今から京都に遊びに行く」などと山田被告自身が考えた文面を打つように平田さんに頼んだとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ