小池都知事 水道局談合疑い内部調査へ特別チーム

 公正取引委員会が独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで都の水道局などを立ち入り検査したことを受け、小池百合子知事は31日、都庁内に事実関係を調査する特別チームを設置すると明らかにした。

 小池氏は「職員が予定価格を漏らしたのならば、都民の信頼を失いかねない事態で、重く受け止めている」と述べ、「事実関係と原因を明らかにし、再発防止のため何をすべきか対応したい」とした。

 都によると、特別チームは副知事2人と水道局など関係局の局長で構成する。

(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ