あおり運転の34歳男に懲役3年6月 名古屋地裁

 愛知県日進市の東名高速道路で2月、乗用車で大型トレーラーをあおって停車させ、男性運転手を模造刀で突き刺し重傷を負わせたとして、傷害などの罪に問われた同県岡崎市、解体業、堤義道被告(34)に、名古屋地裁(須田健嗣裁判官)は25日、懲役3年6月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 論告で検察側は「昨今、あおり運転からトラブルになる事件が相当数発生しており、厳罰が必要だ」と指摘。弁護側は被害を一部弁済したことなどを考慮するよう求めた。

 堤被告は公判で「当時酒に酔っており、文句を言うために路肩に止めさせた」と述べていた。

 判決によると、堤被告は2月21日、東名高速下り線で男性の右膝に模造刀を突き刺し、骨折の重傷を負わせるなどした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ