死体遺棄容疑で4人逮捕 両手首切断、福島県警

 福島県会津美里町の山林で4月、東京都豊島区の職業不詳菅谷善明さん=当時(49)=の遺体が見つかった事件で、県警会津若松署捜査本部は23日、遺体から両手首を切断した上で遺棄したとして、死体損壊と死体遺棄の疑いで、会津美里町出身の住所不定、自称会社役員天野十夢容疑者(32)ら男4人を22日に逮捕したと発表した。

 逮捕されたほかの3人は、宇都宮市石井町の会社員大森遼容疑者(30)、千葉県鎌ケ谷市北中沢の会社役員菊池真司容疑者(29)、福島県会津若松市門田町飯寺上川原の会社役員猪俣達也容疑者(30)。

 逮捕容疑は3月中旬、会津美里町やその周辺で、菅谷さんの遺体から両手首を切断するなどした後、町内の山林に遺棄した疑い。捜査本部は、4人の認否を明らかにしていない。

 捜査本部は、4人の中に菅谷さんと金銭トラブルのあった人物がいるとみており、殺人容疑での立件も視野に入れて捜査を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ