特殊詐欺受け子 容疑で大学3年逮捕 大阪・羽曳野署

 息子を名乗って高齢者から現金200万円をだまし取ろうとしたとして、大阪府警羽曳野署は10日、詐欺未遂容疑で、自称、大阪市鶴見区横堤の私立大3年、老(おい)子(ご)賢一容疑者(21)を現行犯逮捕した。同署によると、老子容疑者は現金を直接受け取る「受け子」とみられ、弁護士役で指定した場所に現れたという。

 逮捕容疑は何者かと共謀し、9~10日、同府羽曳野市の70代女性に「友人の会社の金を使って投資し、金を返さないといけない」などと電話し、現金200万円をだまし取ろうとしたとしている。同署は認否を明らかにしていない。

 女性が堺市に住む50代の息子に連絡して詐欺であることが発覚。同署に通報して「だまされたふり作戦」をし、警戒していた捜査員が10日午後、同府藤井寺市の近鉄道明寺駅前の路上で現行犯逮捕した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ