HPで入札情報見える状態 長野の8件、予定価格など

 長野県は9日、公共事業8件の予定価格などが入札前に県のホームページで見える状態になっていたと発表した。落札総額は約2650万円で、平均落札率は98・8%。県はいずれもほぼ毎年同様の落札率で、事前に価格を見た業者も確認されなかったとして再入札は行わない。

 県によると、入札情報は表計算ソフトで作成し、予定価格などの数字を見られないよう背景と同じ白色にしてPDFファイルで公表していた。だが、文字情報は残っていたため、複製して文書作成ソフトなどに貼り付ければ見える状態だった。

 外部からの指摘で発覚し、県は本年度予算で発注した工事など約5100件を調査。8件は三つの建設事務所が発注した雨量計やダムなどの保守点検業務だった。また、予定価格が分からなくても部分的に入札情報が見える案件が6件あった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ